商材とテーマの関係

アフィリエイトの商材は物販だけとは限りません。色々なサービスや会員入会等も含まれますし、 実に様々な商品があります。 それぞれに特徴がありますので、自分の主力にしたい商材も考慮しながらテーマを決めましょう。


物販
アフィリエイトでまず思いつくのはこのタイプだと思います。色々な商品を売り、 それの売り上げ成果に対して何%という形でECサイトから報酬がもらえます。 商品の種類はとにかく何でもありです。 一般小売りであるものも、あるいはネットならではのものもあります。

テーマの所にも書きましたが、なるべく自分が興味を持てるもの、知識のあるものに取り組んだ方が商品構成も深まりますし、 お客様から見ても印象が深くなるものです。 初めて来てくれる方を増やすのも大切ですが、継続的な売り上げを伸ばすには、熱心なファン、リピーターを作ることです。

扱う商材によって色々なタイプが考えられますが、その商材に求められる価値は何かをはずさないようにするのがポイントです。 例えばファッション、インテリア等ならセンスや見せ方は大切です。食品なら味とか、最近ならどこそこのブランドと付けることも大切です。また売れ筋商品などの研究も必要な分野です。

物販のバナーはそれほど大きなものではありませんから、見せ方や、あるいは説明、レビュー等をつけて、工夫して情報量を増やすのが成果につながります。

※物販アフィリエイトは本来の販売元であるネットショップと間違われることもあるので、アフィリエイトである事をはっきりしておかないとトラブルになる事があります。
会員入会
一件毎の報酬で払われるものが多いです。ポイントサイトの登録などもそうです。 ただバナーを貼るだけでは難しいです。会員入会タイプは入会したらどんな特典があるか等が気になるものです。それがわからないと無料でも入ってもらえません。

そこに入会したら、なぜお得なのかを詳しくわかりやすくするのがいいでしょう。無料のサイトなら自分でしばらく使ってみての感想なども入れると説得力が出ます。あまりアフィリエイトとわからないようなサイトが多い分野です。
金融系
消費者金融やキャッシングカード等です。アフィリエイトの中でも報酬が高い分野ですが、それだけに色々ライバルサイトも多いです。 一般的に成約していくらというタイプが多くすぐに収入が見込めるわけではないです。審査などもあるので、その後ということです。

金融系はお金がかかわるのでどこが利率がいいかとか、内容の詳細をわかりやすくする必要があります。また少しでも得なところを求める分野ですから、比較しやすいように何社かを並べて、それぞれ会社の違いや特色がわかりやすいような構成にするのがいいでしょう。

このタイプは同じ分野でまとめるのに向いてます。ぽつんと普通のサイトに貼っても浮いてしまいます。金融系は良い印象を持っていない方もいるので注意します。
資料請求、サーバーの入会等
成約して一件いくらという感じです。資料請求は保険や資格等が多いです。 これは資料請求だけでは難しく、成約していくらというものも多く少し厳しい分野です。 どこが得かと言うことを比較する人が多いと思います。ですから比較型のサイト等は向いています。

サーバーなどなら、サーバーに関する豆知識を入れて、サイトに来た方の判断のお手伝いをするとか、あるいは実際に使用していいと思う会社をすすめるとかのレビューも興味を持ってみてもらえると思います。
クリック広告系
バナークリックでいくらとかのタイプで比較的手を出しやすいものです。 このタイプはその掲載しているページの内容を分析して、それにマッチするような広告を貼るのが成果に結びつくタイプです。ただ貼ればいいというものではありません。

またあくまでも情報のあるページに貼って、その内容から広告をクリックしたいと言う気持ちに結びつけるというのが目的なので、ページ自体に内容がなくてはうまくいきません。 コンテンツの内容がとぼしいページには掲載そのものを認めてくれません。

あくまで情報ページがあって、それに関連した情報をさらに充実させるために別のサイトも紹介する、という感じです。どちらかというとアフィリエイトよりも一般の情報発信型サイトに向いています。
「ひと工夫つけくわえる」が大事
どの商材にも言えることですが、ただ並べるだけでは売れないと言うことです。 自分なりにそれを料理する、アピールの仕方を工夫してこそのアフィリエイトです。

TOP