テーマの範囲

アフィリエイトを始めてする人は、ある程度の商品数をそろえないとショップとしての体裁が整わないと思い、色々なものを掲載することが多いです。ただし何でも広げればいいというものでもありません。特にショッピングモール的なサイトを最初からつくるのはかなり難しいです。


範囲が大きすぎると、サイトの印象がぼけてしまいます。自分の特に売りたいものは当然入れるとして、それ以外にも何かないと寂しいからと余分な商品を入れすぎると、何が本当の売りたいものなのか印象があやふやになるということです。


また誰にでも受けようと思うと無難になりすぎて、平凡なものになってしまう懸念があります。一例ですが、たとえばスーパーなら一通りのものは置いてあります。スーパーはどちらかというと、こだわりの商品などよりどこにでもあるものを幅広くです。


そしてスーパーに期待することは品揃えもありますが、やはり値段が安い等になると思います。しかし個人ではスーパーほどの品揃えや、安売りをするわけにはいきませんし、結局特色のない中途半端なものになりがちです。またあまり安い商材ばかりならべても、成果が上がって来ません。


しかし専門店ならどうでしょう。たとえば食品でも、衣類でも、かばんでもですが、ずっと色々なバリエーションの商品を提案できます。そしてそれをさらに突き詰めていくと、 特定のブランドとかそのように範囲をせばめるとその範囲内においてはスーパーよりもはるかに多彩な商品を提案できるのではないでしょうか。


また専門店に来る方は基本的にスーパーで買うよりは単価的にも上で考えていると思います。実際高いのが多いです。スーパー的な品揃えよりも高単価のものも勧めやすくなるというものです。


ですから扱う商材の範囲は、来てくれたお客様になにがしかの価値を感じてもらえるように、自分が色々工夫できる、バリエーションを作れるぐらいの範囲を決めるのがいいと思います。自分の場合を思い出してみましょう。何はどこで買うか色々自分なりの基準があるはずです。


そのようにしてある程度自分のできる範囲内で色々工夫することで、それがノウハウになっていくのでそれから規模を拡大していくのが無理がないと思います。

TOP