ホームページが出来たらチェックする

ホームページが出来上がったら一度全体を読み直して見直しましょう。誤字、脱字のチェックは基本です。 またページが重たくなりすぎていないかチェックできるサイトが有ります。参考のためチェックしてみるのもいいでしょう。


ページのサイズは表示時間に影響があり、 あまりに重たいページは見てもらえない場合があります。 一度表示が重くないかチェックして、時間がかかりすぎる場合には画像のサイズを落とすなどの処置をしましょう。


こちらのサイトで表示時間がチェックできます→買いパラ

リンクのチェック

ホームページが出来たら、全体のリンクチェックをしておくのがいいです。特にページ数が多い場合等は見落としが出がちなので、フリーソフト等で全体チェックをすると、もれがなくせます。 私が使ってるのは便利ソフトのページでも紹介している孤島発見器というフリーソフトです。


私のサイトの場合にはテンプレートもリンクを張っているのでかなりの数なんですが、なにしろあっという間にチェックできるので苦になりません。早いです。テンプレートをいくつも追加すると時々リンク漏れがあるので手放せない感じです。


また内部だけでなく、外部のチェックが出来るものがフリーでたくさんあるのでひとつぐらい持っていてもいいと思います。 特に相互リンク集などは数が多くなりがちなので、時々チェックするといいでしょう。

複数のブラウザでチェック

ホームページはなるべく複数のブラウザでチェックするのがいいと思います。ブラウザはIE(インタネットエクスプローラー)が圧倒的にシェアが大きいのですが、それ以外も決して少なくはないので有名どころはチェックするのがいいでしょう。


最近見るブラウザのシェアのレポートでもFirefoxもなかなか多く、25%を越すシェアになっているので、IE7〜10、Firefox19.0、GoogleChromeぐらいは最低チェックしたいところです。


ただどこまでチェックするかと言うことになると、もちろん大幅な違いがあったりレイアウトの崩れがあるのはまずいと思いますが、多少のたとえば数ピクセルの違いはさほど気にする必要ないのではないかと個人的には思います。


数ピクセルの違いをきちっとあわせるのに何時間も使うのも悪くはないです、それはそれで勉強にもなります。 ただアフィリエイターは時間の限られてる方も多いので、商材の選択などにより時間を使ったほうが良いような場合もあります。 時間対の効果を考えるのも大切かと思います。


ブラウザについて参考になるサイトを紹介しておきます。

タブブラウザ推奨委員会
タブブラウザとはタブで切り替えていくつものサイトを表示できるブラウザです。IE6以外はタブブラウザが多いので色々と参考になります。 老舗のサイトさんで非常に細かく比較してます。

TOP