ホームページ作成のポイント−メールに関して

サイトを運営していく上で欠かせないのが連絡手段です。掲示板やメールが代表的なもので特にメールは欠かせないです。


ところがサイトにメールの設定をすると、まるで関係のない迷惑メールが来ることがあります。スパムメールとも言われますが、 よくある例として、メールアドレス収集ソフト等を色々なサイトに自動に巡回させて、そこに記述してあるメールアドレスを収集するという方法です。


迷惑メールも困ったものですが、収集されたメールアドレスからまた迷惑メールが送られたりもされかねませんので色々と対策が必要です。 いくつかの方法をあげておきます。


メールアドレスを画像にする
サイトにメールアドレスを記述するときに、画像にする。あるいは@マークを全角にすると言う方法があります。 そもそもアドレスを収集しているソフトは@マークを目印にしているものが多いということで、それをわかりにくくするのです。 メールを送ってもらう人にはちょっと手間ですが、シンプルでやりやすい方法です。
エンティティコードを使う
サイトを作るとき簡単なメールの設置方法としてタグに設定できるものがあります。mailtoです。タグに記述するだけの簡単な方法なので手軽です。次のように書きます。

<a helf="mailto:自分の使うメールアドレス">〜</a>と記述するだけでここをクリックするとメールソフトが立ち上がりメールを送ることが出来ます。

とても手軽で利用しやすいのですが問題があります。このHTMLに書いた自分のメールアドレスが収集されてしまうのです。そこでどうするかというとメールアドレスをエンティティコードという物に変えるのです。

エンティティコードと言うのはHTML内で使われる数値文字で普通の文字をそれに変えてしまうことで、スパムソフトにかなり収集されにくくなります。それでいて自分のサイトではきちんとメールアドレスで使えるのでおすすめです。 ではどうやってエンティティ化するのかというと、簡単なのはフリーソフトで変換することです。またそのときmailto:も一緒に含めてエンティティにするとなお効果があります。

こちらのサイトのフリーソフトがかなり有名です。→ab.jpn.ph HTMLエンティティ生成

なお注意点としてmailtoタグ内では改行しないように設定しないとメールソフトが立ち上がりません。 また古いブラウザや一部携帯では10進でないとうまく使えないので、作成者のページで対応ブラウザの確認をしておきましょう。
CGIを使う
メールフォームのCGIを使うと言う方法があります。サイトに埋め込みの出来るタイプもありフリーで色々あるので活用を考えてもいいと思います。 私もきちんとページに納まるものを物色してありますが、なかなか手がつけられません(8/21設置しました)。

CGIサイト紹介のページにはメールフォームのあるサイトもあるので訪問されるといいと思います。
フリーメールを使う
その他普段からのスパム対策として、サイトにかかわらずメルマガの申し込みや色々なサービスの申し込みによってアドレスが収集されてしまうこともあるので、すぐ変えることの出来るフリーメールをなるべく活用するのがいいと思います。
迷惑メール対策に詳しいサイト
あまりにひどいスパムや、またそれに関する知識についてはセキュリティページ記載のサイトが参考になると思います。

TOP