クリック率とコンバージョン率-バナーの管理1

アフィリエイトバナーは貼ったそのままでは管理が十分とはいえません。というのは、どれが売れてどれが売れないのか最初はわからないので、徐々に売れるものに替えて行くなどの管理をしないと売り上げももう一つ伸びません。


なかなか最初からぴったりな広告を貼れるわけではないので、色々と考えながらコツをつかんでいくのです。また最初は売り上げの良かったものもだんだんと変わっていくこともあるので、バナーに関して時々チェックするのは習慣にしたほうがいいかも知れません。


ではどのようなバナーを残し、はずすのはどのバナーにすればいいのでしょうか。それにはちょっとした目安があるのです、それがクリック率とコンバージョン率です。


クリック率とは文字通り表示に対して何%くらいクリックがされているかということです。それに対して、コンバージョン率とはそのクリックがどれだけ売り上げにつながったかと言う事です。


もちろんどちらの指標も大変参考になるものです。これらの指標が徐々に上がるようにバナーを貼り替えていくのです。ではどのようなバナーを貼るとこれらの数は上がっていくのでしょうか。


一つにはやはりそのページの内容に沿ったようなものはクリック率も上がります。ページの情報に引かれてクリックと言う事です。また同様なことですが、そのページの内容に関連する分野も上手く選べば良いものがあることが多いです。


またコンバージョン率の良いものなどがある時は、なぜそれはそのように売れるのか一度広告もとのページを調べておくと後々の考えるヒントになります。


逆にあまり良くない貼り方は、ページの内容に関係なく自分の判断で良さそうとか売れそうとかだけで貼ってしまう事等です。あるいはなるべく手数料の高いものなどと考えてキャッシング等をいきなりページに貼っても、場違いでクリックにはつながりません。


ですからなるべく自然な流れで、ちょっと見てみようと思ってもらえるようなバナーを選ぶということです。

バナーの期限切れ

アフィリエイトバナーには、期限の切れるものがあります。そうなるとたいていの場合はそのバナーを扱っているASPサイトのバナーが代わりに表示されるので、そのようなASPバナーを見つけたらすぐに更新したいものです。


時々いくつもASPバナーになっているサイトもありますけど、だいたいそのようなサイトだとそれ以外の情報も古くなって変わってしまっていることも多いものです。たぶんもう放置に近い状態なんだと思います。そういうサイトをいくつか見た後だと、たまたま表示されているASPバナーが見えただけでも、放置されているように見えるものです。

TOP