アフィリエイト用の無料テンプレート-使用上の注意

  • テンプレートはLZH形式で圧縮してあります。+Lacaなどで解凍して使ってください。
  • CSSを知らなくてもある程度作れますが、細かな調整をするなら多少の勉強は必要です。 作成の参考、CSSリファレンスのページもありますのでご利用ください。
  • 作成中のものはセーブを忘れないようにしましょう。これはとても大事なことなのでお忘れなく。
  • 最初ダウンロードしたものはそのまま使わず、一つコピーして使うと、もしレイアウトが崩れた時などに元のHTMLを参考に直しやすいと思います。
  • やたらコメントが多いです。希望があればもっといれます。いらなくなったら必要に応じて削除してください。そのほうがサイズ的にも小さくなります。
    HTML内のコメントは<!--  -->です。CSS内のコメントは/*〜*/ではさまれた部分です。
  • たくさんのページが必要な時は、どんどん元のページをコピーしてファイル名を変えて使ってください。ファイル名はひと目でわかりやすいものにするのが後々、作業的にもメリットがあります。 またSEO的な視点からは、ファイル名にキーワード(できれば英語)を使うのがベターです。
  • メールの設定に関してはいくつか注意事項があります。サイト作成の注意点:メールのページをご覧ください。
  • <tirle>や<meta>にはタイトルやキーワードを必ず入れておきましょう。 検索エンジンに表示されるものなので大切です。
  • 多くみられるミスのひとつにタグがあります。タグは開始のタグと終了の/のついたタグがありますが、どちらか一方が欠けていることがあります。 また<>のどちらか一方だけないとか、些細なことが多いのでタグはしっかりチェックしましょう。一つの方法としてHTMLエディタを使うのがいいです。 タグが色分けされますし、タグの範囲を調べたりと色々便利です。
  • ユーザーに使いやすいサイトを考えたとき、トップページに戻る設定がどのページにもあるのが望ましいです。 多くはHOMEなどと表記して戻る専用のボタンを設置したり、また多く見られるのがサイトのタイトルをクリックするとトップページに戻る設定です。
    配布中のテンプレートではHOMEボタンとまたタイトルに戻る設定のしてあるものもありますので、ご利用ください。ただしひとつだけ大切な注意があります。 戻るのリンク先には現在index.htmが設定してありますが、自分のレンタルスペースにアップするときにサイトトップのURLに修正していただきたいと思います。

    一般にはそれが普通の設定ですが、一説によるとindex.html等に設定すると他のサイトへのリンクと同様な扱いがされ、発リンクのようにカウントする検索エンジンがあるということです。 大手サイト等でもほとんど自サイトのURLになっています。

TOP