SEO対策済みテンプレートとは


時々検索エンジンで検索していると色々とあります、対策済みテンプレート。しかしSEOは様々な要因に関して行うものであり、テンプレートを使うだけでSEOになるものではありません。ただ従来のホームページ作成ソフト等でつくったものは色々とSEO的には不利な面があるのです。


そこでそのような不利な面をなるべくなくしたホームページがSEO的には有利であるということです。テンプレートだけでSEOが出来るわけでは全くありません。そこをまず理解していただきたいと思います。


ではどこがいままでのホームページと違うかと言う事ですが、いままで多かったのは、テーブルレイアウトを使ったものでした。作成ソフトで作ったものもほとんどがテーブルレイアウトです。テーブルとは表です。


表とは四角が並んでますから、その一つ一つにテキストや画像を入れればレイアウトに使えるのです。でももともとはデータを並べる文字通り表を作るためのものであり、レイアウト用のものではありません。


過去にはそれ以外にうまくレイアウトに使えるものがなかったのです。ただ全くなかったわけではなくCSSというデザインを担当するものがあったのですが、WEBブラウザの対応が 各社バラバラ、つまり十分でなく機能を発揮しきれていなかったのです。


ですが近年、CSSに対する各ブラウザの対応がかなり統一され、十分実用になる程度に良くなりました。そこで本来のデザイン担当のCSSを使ったテンプレートにしたほうが、SEO的にも色々と利点がありますよということで、SEO対策済み(※1)といってるのです。


CSSを使うとホームページを作っているHTMLから、デザインの項目を外部に切り離す事が出来て、情報だけの並んだHTMLに出来るのが特に優れています。まさに検索エンジン好みのホームページになるわけです。


ブログがSEO的に良いと言われる大きな要因としても、ブログはほとんどがCSSを使って作られているということが上げられます(もっとも他の要因も大きいですが)。メリットデメリットをまとめています。ご覧下さい。


CSSはこちら→テーブルレイアウトとCSSレイアウトのメリットデメリット


タイプはこちら→ブログとホームページのメリットデメリット


※1 SEO対策とは良く聞く言葉ですが、あまり正しい使い方ではありません。なぜならSEOの意味は検索エンジン最適化ということであり、対策の意味を含んでいるからです。 つまり意味が2重になっています。ですから対策という言葉を使うなら、検索エンジン対策済みテンプレート等と表現するのが妥当と思われます。またSEOという言葉を使うならSEO済みテンプレートと表現するべきでしょう。

TOP