確定申告(税金)について

色々な副業をする場合、ある一定金額を収入として得た場合には、確定申告をして税金を払わなければいけません。要点をまとめてみました。


期間
前年1月1日から12月31までの期間で計算します。そしてそれを翌年の2月16日から3月15日までの間に確定申告します。
対象者
大きく分けて2種類あります。いずれかに該当する場合、確定申告が必要です。

給与所得者(いわゆるサラリーマン等)
該当期間中に給与以外の所得が20万円以上あった場合。

個人事業主(学生、主婦なども含まれます)
該当期間中の所得が38万円以上あった場合。
申告時に必要なもの
  1. 申告書類(税務署に用意されています)
  2. 収入の内訳が証明できる書類など
  3. 必要経費の領収書
申告書類の作成
必要書類は税務署の窓口に用意されているので、一部もらってきて見ておくといいでしょう。また国税庁のホームページにも説明がありますので、一度見ておくのもいいでしょう。

また申告書類の記入などは申告の時期になると、各自治体で説明会などがあり、税理士さんなどに相談やチェックしてもらえるので、不安のある方は申告書類の説明書どおり作成した後にチェックしてもらいましょう。
控除と必要経費
控除と言って生命保険などをかけている場合、ある程度の金額が税金から戻ってきますので、しっかり控除を受けましょう。また事業主にはある程度必要経費が認められ、税金の対象からはずすことが出来るものがあります。必要経費は税務署の判断によって変わることがあるのでしっかり相談しましょう。
必要経費の例
パソコン、事務用品、プロパイダ費、通信費、交通費、その他。
参考サイト
申告書類とその説明など→ 国税庁ホームページ

TOP