アクセス解析の使い方

自分のサイトに人が訪れているかが分からないと、どうにも動きようがありません。 その方法としてはまずアクセスカウンターが一般的です。 レンタルスペースに無料で付いてくる場合が多いのでそれで間に合います。 もしない場合サイト内に置くCGIタイプと、外部のレンタルカウンターを借りるタイプがあるので検討しましょう。


カウンターで何人アクセスしてくれているかは分かりますが、 そのアクセスの内容まで分析してくれるサービスがあり、一般にアクセス解析と言われます。 誰が、いつ、どこからアクセスしたか等がわかります。


またどのページにアクセスが多いかとか、あるいは自分が何かサイトに改善なりを加えたときに、 訪問者はどうなるかなど。また検索サービスに登録されたらどうなったかなど、色々な分析ができます。


自分の借りたブログやレンタルスペースに無料で付いてることもあるので一度調べてみましょう。 ない場合は無料で十分役立つレンタルサービスが有ります。 自分のアクションを起こすための道しるべとなるものです。ぜひとも活用してほしいと思います。 なおアクセスカウンターに関しては後のページに掲示板とまとめて載せてあります。

Google Analytics
Google提供です。非常に高機能な無料解析ツールです。 またアドワーズ広告と統合されていて、アドワーズに関する統計情報を色々と確認することもできます。
AccessAnalyzer.com
有名な無料高性能アクセス解析です。 有料版との違いは小さな広告が表示されることで、内容的にはほとんど変わりません。 アクセス統計、システム統計、訪問者統計、ページ内統計等につかえます。 実力十分なレンタルサービスです。レンタルスペースのXrea.comの提供です。
忍者アクセス解析
無料の忍者ブログや忍者ホームページレンタルと同じ会社で80万人近いユーザーがいます。小さな広告がつきます。 内容的にはかなり色々な分析が出来て、ログも4ヶ月分保存できます。
FC2アクセス解析
無料レンタル業界初、都道府県のアクセス解析機能実装。表示されるアイコンは非常に小さいものです。 広告の代わりに可愛いアイコンも使えます。

TOP