在宅ワークを探す

しばらく前はSOHOなどがもてはやされ、在宅ワークが色々と脚光をあびたものですが、 最近は雑誌などでもSOHOの文字などを見かけることは少なくなりました。


パソコンの普及がまだまだだった時代は色々入力の仕事もあり、それでSOHOを作ったり、またサークルで仕事をとったりはかなり流行りました。 しかし今はパソコンの普及率は2人以上の世帯でなんと68.3%です(2006年内閣府調査)、10年前は10%台だったのにです。入力を外注等しなくてもいいところが増えたのです。


そのような状況でSOHOも簡単には出来ませんし、ましてやちょっとパソコンができるといったレベルではまずまともに仕事にありつけないのが現状なのです


私も多少の在宅ワークをしていますが、稼ぐと言えるレベルにはなかなか達しません。また私の周りで色々フリーランスでweb関係の仕事をしている人もいますが、そこそこ収入があるのはプロといえるぐらいのスキルを持った方だけです。


いま仕事をもらえている方は、知り合いであるとかあるいは企業とのつながりを、なんらかの形で持てている方、そうでない方は自分で相当探したり営業した方です。 また仕事がある方でも仕事をもらい続けるのは努力が必要です。 なんでもやりますぐらいの気持ちがないと、なかなか続かないと言う方も多いです。


ですから在宅で手軽、気軽に仕事という時代ではないのですが、しかし今色々な事情で在宅で仕事をしたい方がいるのも事実です。そこでもう少し方法を考えてみますと、一例としてつぎのような流れになると思います。


  • 無料でスキル判定などをしてくれるワーカーのための広場や、サイトがあるので、まず自分の力を知る事。
  • スキルがないなら、育てる事を考える。必ずしも専門の学校に行かなくても、地域でも今いろいろと得な講座もあるし、また相談も出来るので参加してみるのも手です。
  • スキルアップをしながら、実際の仕事を得る情報を集める。地域にはSOHO支援の団体があるので、そのようなところに参加して相談したり、色々教えてもらうのがいいでしょう。 頼りになる、当てになる団体を見つけることも大切な事です。

在宅のパソコンを使った仕事で手軽に気軽にというものはなかなかありません。 しかしパソコンを使ったお仕事そのものは探せばきっとありますし、実際に多くの方がしている事なのでがんばって探してみましょう。

TOP 

検索のためのヒント

内職的な在宅の仕事を探したい方
これはもう職安や知り合いから内職で紹介してもらうのが一番ですが、ネットでも大手求人アルバイトサイトなどで検索できます。検索エンジンの場合、内職でなかなか思うような検索結果が出ない時は、家内労働という言葉で調べるのがいいでしょう。
パソコンを使った仕事を探したい時
基本的にはフリーランスで仕事をするという自覚が必要です。気軽手軽はありませんので、 それなりに努力が必要です。ネットで探す時にはSOHO、あるいはウェブライターで検索すると仕事募集も見つかります。
在宅ワークで検索すると
在宅ワークで検索すると、前ページにも書きましたが、スキルアップや仕事探しのお手伝いの有料サイトが出てくるばかりで仕事そのものは一向に出てきません。仕事探しで在宅ワークで検索するのは時間のロスが多いでしょう。

TOP