食材宅配を試してみる

結婚した当初のことですが、嫁さんががんばって晩飯を作るんですが、勘で作るんでわからないんですよ。 出来上がりの量が。それでいっぱい作ってしまって、でも作った以上食べないともったいないので、 嫁さんと2人で一生懸命食べたんですが、まあ良く太りました。むくむく太って1年で10Kg近く(笑)。 それでこれではいけないと言うことになって、食材宅配をやってみることにしました。


配達されたのを見て、2人で顔を見合わせましたね「食材少な〜い」と。 でも出来上がりはそれなりになるんです。たいしたもんだと変なところで感心しましたけど。 それでしばらく続けて色々勉強にもなりました。


ヨシケイをしたんですが、レシピがついてくるんです。 それが化学調味料つかわないようになっていて、けっこう素の味というか素朴な味付けで、 基本的な味付けがわかりました。それに時々当たりと思えるようなおいしい料理もあり、 やってよかったですね。いまでもレシピ使います。


ヨシケイだけだと飽きるので、たまにちょっと一品付け加えたりはしましたが、 でもだいたい曜日順でそこそこいけるんです。献立の組み立てなんかも勉強になります。 普通に食材を買うのよりは割高なので、ずっと続けるのはどうかと思いますが、 食費がどうも無駄が多いとか、バリエーションが増やせないとか言う方は、 しばらくやってみるのも一つの手だと思います。

食材は思ったほど使わないもの

ヨシケイで色々わかったことはありますけども、一番印象に強かったのは思ったほど食材は使わないものということです。食材と言うのは不思議なもので、あるとつい使ってしまって、また食べてしまうものです。


ですがある程度分量を決めておいて、半端が残っても使い切らずに残しておくようにすると、その半端ものを使ってまた一品出来たりします。パックで買うものなんかでも、ついパックそのまま使い切りにしてしまう方は、ちょっと切り替えて、残るものは残るんだということで残してみてはどうでしょう。


半端ものでも使い道は色々あります。サラダやお味噌汁に色どりとして足したり、あるいはちょっとした副食に使えるものです。

TOP