車の節約お得技

基本的にはガソリンを安く買う、車を軽くしてガソリン消費を抑える。そしてエコドライブでガソリン消費を抑える、 だと思います。特にエコドライブはそれぞれをよく見れば安全運転をするということとほとんど同じで、 節約面だけでなく安全面でも行いたいものです。

基本技

  • ガソリンは満タンで入れるとそれだけ重たくなります。2000円でとか、 20リットルでとか小分けに入れた方が燃費には有利です。
  • タイヤの空気圧を適正にしましょう。 空気が抜けていたりするとタイヤが変形し摩擦が多くなったりして、燃費が悪化します。
  • 車に余分な荷物を載せたままにしないようにして、車を軽くするほうが燃費はよくなります。
  • 現在販売されている車は暖気する必要はありません。すぐ発進しましょう。

エコドライブ

  • オートマ車を始動したらアクセルを踏まなくても自然に動き出します。これをクリーピングといいます。クリーピングは上手く利用すると燃費がよくなります。発進する時などいきなりアクセルを踏まず、クリーピングで少し動き出してからアクセルを開けていくのです。
  • エンジンの回転計の付いてる車なら、なるべく2000回転以上にならないように加速しましょう。
  • 流れに乗って走っているときなどアクセルから足を離しても、ある程度それまでのスピードで走り続けます。またエンジンの回転数がある程度あがっていれば自動的に燃料カットされて燃費がよくなります。なるべくアクセルを開けないように走ることで燃費がよくなります。
  • 走行中に無駄な加減速をしなくていいように、車間距離を十分開けて走行しましょう。
  • 急停車、急発進は燃費を悪くするだけです。
  • 駐停車しているときはエンジンを切りましょう。アイドリング5分で65CCの燃料が消費されます。ただし走行中にエンジンを切るのは大変危険です、パワステ、エンジンブレーキなども効かなくなります、注意しましょう。
  • エアコンは燃費に大きく影響します。外気25℃の時エアコン24℃で入れただけで燃費が14%悪化します。また外気導入すると冷えが悪くなり燃費が悪化します。冷やしすぎないようにしましょう。

TOP 

ガソリンを安く買うための参考サイト

カーライフナビ

gogo.gs


車の実燃費ランキング

e燃費ランキング

TOP