袋分けは簡単なものから

袋分けは節約とか家計改善には良く知られた方法です。食費とかおやつ代とか趣味代とかを袋ごとに分けて、 食費なんかは一週毎にわけたりして、その袋の中を見ながら使っていくと言う方法です。 ぱっと見て、実際にある現金で確認できるのでとても把握しやすいなど色々と利点があります。以下にポイントをまとめてみました。


わかりやすいものから手をつける
最初からなにもかも袋分けにするとちょっと管理が面倒です。 そこで一つの目安として、よく財布を使う項目を袋分けにするのです。 そうなるとお買い物に行く頻度の多い、食費あるいは洗剤などの消耗品、あるいは交際費等だと思うので、 そのあたりから始めたら取り組みやすいと思います。 食費等に慣れたら他の支出も袋分けにしてみるといいでしょう。
一週間分ずつ分けておく
食費などは一か月分ではなく一週間分ずつ分けておきます。そのほうが色々と一目で把握しやすいからです。1週間単位でいったんしめる形になるので、チェックの回数が多くなり、予算と実績の違いに対してより早く対策ができます。

また一ヶ月よりも一週間のほうが間隔が短い分、目標としても目指しやすいです。そのように分けておくと、一週間分全部を使い切らないよう少しでも残そう、などの努力目標が持ちやすくなります。

そして1000円札で袋分けするのが管理しやすいです。万札では大雑把になりがちです。 一週間たっていくらかでも残せたら、次の週に繰越せず貯金してしまいましょう。それぐらい強制的にすると貯金もじわじわと増えていきます。

収支の項目によっては一週で分けない方がいいものもあります。たとえば医療費などはいつ必要になるかわかりません。そのような項目は1ヶ月単位で分けておいていいでしょう。
固定費は銀行管理で十分
家賃や、水光熱費、通信費、保険、新聞など普段あまり財布を使わないもの、いわゆる固定費的なものは袋分けにせず、 銀行に入れておいて月1回、家計簿管理等にするほうがわかりやすいです。それに現金を家に多く置いておくのは、あまり用心がいいとは言えません。
専用の財布にする人もいる
同様のやり方として買い物専用の財布を用意する人もいます。 その財布にたとえば一週間分の決めた額だけ入れて置いて、 その中でやりくりするという方法です。袋分けと同様の効果があります。

なかには財布に入るぐらいの透明のポーチに分ける人もいます。買い物に行くときにだけそのポーチを財布に入れていくのです。一目で把握しやすいアイデアです。
独身の人は
独身の方でも、自分が一番よく財布の口を開けるのは何に対してかと考えて、 その支出の多そうな順番に袋分けにするとやりくりしやすくなると思います。 あまり難しく考えずにお小遣い的に管理するなど、負担にならない程度にしておくと習慣に出来ます。

TOP