基本知識

電気を多く使うものはなんといっても熱、温度に関係するのものです。 エアコン、こたつ、炊飯器、電気ポット、冷蔵庫等々です。その次に大きなもの、 大きなテレビ、ハイパワーの掃除機、健康器具等々。 ですからだいたいの順番として、 熱、ハイパワー、その他ぐらいに取り組むと効果が出やすいと思います。


参考になるサイトはいっぱいあると思いますが、特に見逃せないのが電力会社のサイトでしょう。 なんといっても電気そのものを売ってますから、専門家です。 一度見てみるとかなり参考になると思います。基本的な知識を以下に紹介します。

待機電力をへらす(なくす)

いまはかなりの家電が、すぐ動くように若干の電気が流れ続けています。 それが待機電力です。確かにすぐ動く、テレビなんかでもすぐ見られるというのは便利です。 しかし電力会社の調査などによると、多い場合は年間の電力消費量の10%程度にもなることがあります。 年間だと待機電力をなくすだけで、電気代一ヶ月分以上減るのです。 主電源のあるものは主電源で切る、ないものは使い終わったらコンセントを抜きましょう。


家のコンセントの位置によってはかなり抜きずらかったり、 それよりもいちいち抜くのが面倒であったりで続かないのは困ります。 そういう時は、スイッチ付きのテーブルタップにコンセントを集めておきましょう。 ディスカウントセンターなんかでもありますし、 1000円以下でもあり、 いっそのこと主電源付きのものも集めて集中管理すると便利です。 どのコンセントがどの機器かラベルを貼るのがコツです。

省エネ家電を使う

最近の家電は省エネがかなり優れています。年間の電気代を考えると、 場合によっては買い換えた方がいいことも多々あります。 私の例ですが、たまたまエアコンが壊れたので10年ぶりぐらいに買い換えました。 それで使う台数も1台から3台に変わったんですが、なんと台数は増えたのに電気代は減りました。 省エネ家電おそるべしです。


最近の家電には省エネラベルが付いているものがあります。 これは省エネ性能の高い製品に与えられるもので、省エネに優れた家電選びにとても役立ちます。 また(財)省エネルギーセンターには省エネカタログや省エネ型製品情報サイトがあり、 比較検討できるようになっています。とてもわかりやすいので、ぜひ参考にしてほしいと思います。


省エネデータはこのサイト→(財)省エネルギーセンター

TOP 

契約電力を見直しましょう

最初電気を使うときに電力会社と内容に関して話をしましたでしょうか? 電気には基本契約があり、それは変える事が出来ます。 毎月電気の内訳が来てると思いますので、一度じっくり見てみましょう。 基本の契約を変えることでいくらも節約できることがあります。


また電力会社によっては色々なサービスメニューもあります。 知らないと損なこともあります。契約の方法は地域の電力会社によって色々あるので、 一度電力会社のサイトを見ておくのがいいと思います。

TOP 

大きな家電は消費電力が多い

特にテレビ、電子ジャー、電気ポット等です。 テレビはサイズが倍になると電気も1.5倍くらい使う場合があります。 電子ジャー、電気ポットは家族構成にあわせた物にしないと、無駄が出やすいです。

TOP 

家電の消費電力がわかる

実際自分の家の家電がどれぐらいの電気代を使うのか知りたいと思ったことはありませんか? お手頃な機器があります。エコワットといいます。実売価格3000円程度であります。 これはコンセントに差し込むだけで時間と電力量、1kWh=25円換算の電気代を累積で表示する物です。


販売店はネットで検索するといくつも見つかります。ただ待機電力まではわからないので、 もっと本格的に知りたい方はワットアワーメーターというのもありますが、これは3万以上するのでちょっと高すぎかも。

TOP