独自ドメインの利点

サイトもいくつか作って、有料、無料とかあるいは普通のホームページ、あるいはブログなどいくつか違ったパターンを持つと色々なことがわかります。 私も実験がてら、パターンを色々組み合わせて作りましたが、ドメインについてもわかったことがあります。それは独自ドメインは強いということです。 いくつかありますので順に述べます。


インデックス・ページランクに有利
一つには検索エンジンのインデックスがはやい、またGoogleなどではページランクが早くつきます。以前に実験的に同じ時期に独自ドメインと、サブドメイン、バードドメインと3種作り検証したことがあります。

3つともタイプはMTタイプのブログで各検索エンジンに同時に登録しましたが、結果としてインデックスは独自ドメインと、サブドメインが早かったです。

ところがGoogleのページランクに関しては独自ドメインのほうがページランクが付くのが早かったのです、あまりページもなく放置状態でしたがすぐ付きました。サブドメインのサイトのほうがページ数も多く、本格的に作ったにもかかわらずなかなか付きません。

そのような実績からインデックスの早期登録や、ページランクを早く付けたい、本格的にしたいという方には独自ドメインがおすすめと思います。

ちなみにバードドメインはインデックスも遅く、インデックスされるページ数も少なくやはり不利であると思います。ただしバードドメインは使いようがあり、一概にだめとも言えないのでそれについては後でのべます。

独自ドメインは便利
ひとつには別のサーバーに借り替える時に、ドメインを変える必要がないということです。ずっと同じものを使い続けられます。これは色々な価値があります。

まずレンタルサーバーの乗り換えしたときなど、相互リンクの相手先にドメインが変わりました等と、一々依頼する必要がありません。これは実際借り替えたらわかりますが、とてもとても大変なことです。

次に今付いてるページランクをそのまま継続することが出来ます。サイト移転をした時にドメインが変わってしまったらページランクもまたなしから始まるので、せっかくSEOなどをしても2度手間3度手間です。

3つ目はサブドメインが使えるということです。サブドメインとは独自ドメインの頭にまた別の言葉をくっつけたもので、サブドメインとしていくつでも作れます。検証用に、あるいは多店舗展開をしたい場合にもとても便利です。ただしレンタルサーバーによっては付けられないところがあるので最初の確認が必要。

長く使うなら独自ドメイン
ドメインはその取得からの経過年月をある程度検索エンジンが評価しているということです。よくエイジングフィルターということが言われていて、ドメイン取得からあまり年数のたっていないドメインは、どんなにがんばってもなかなか検索エンジンで上位に表示されない、そのようなフィルターがあるということです。

ドメインは最初のものをなるべく長く使い続けるのが有利なのです。

そうなると最初サブドメインでサイト作成して、本格的に運営するようになったら独自ドメインにするというのは損です。最初から独自ドメインなら問題ありません。

ただし、ドメインがずっと同じであっても、その取得者が変わった場合、検索エンジン側でそれまでの評価がリセットされると言われています。時々古いドメインを売り買いしているところがありますが、古いからといって必ずしもそれがプラスになるとは限らないのです、参考知識として頭においていてください。

ドメインもキーワード
検索エンジンは時として、ドメインもキーワードとして検索結果に出てくることがあります。ですからドメインにキーワードとなるような言葉をあらかじめ入れておくことは、SEO的には有利に働くと考えられます。

余談ですが、先日pizza.comというドメインがなんと260万ドル(約2億7000万円)で取引されたのがニュースになりました。pizza(ピザ)で検索して一番に出てきたら十分元が取れるということでしょうか。

レンタルサーバーを借りるときは独自ドメインを視野に入れておく
アフィリエイトを本格的にするつもりなら最初から独自ドメインがおすすめですが、そんなこと言ってもやっぱり最初からお金をかけるのは気が進まないという方もいるでしょう。ですから最初は独自ドメインでなくても、後から独自ドメインに変えられるタイプのサーバーを選んでおくのも一つの方法です。

TOP